仕事辞めたいのに辞められない!強固な自己主張と奮励に自信を

会社で仕事をしていると嫌なことに直面することが多々あります。そんなときに「仕事辞めたい」となるケースがあるのですが会社から「辞めさせてもらえない」とか勝手に自己責任を感じて「辞められない」などと言う

辛くても辞めたくても

石の上にも3年といわれている通り辛くもても3年は耐えるべきなのか?

転職をして実際に勤務してみるとこんなつもりじゃなかったという事態になりやすいですよね。こんな会社でずっと勤めるのかと思うと憂鬱になり、ちょっとしたら転職しようと考えてしまうものですよね。こでの問題が勤続年数です。一般的にそこの職場での経験を即戦力を考えてもらえるのがいわゆる3年という期間だといえますが、果たしてこれが本当に全て正しいのかという事です。極論ですが1つの職場で3年いるのと、3つの職場で1年ずついるのとではどちらが経験があるといえるのでしょうか。これは難しい問題かもしれませんが、変な話世の中にできない事等殆ど存在しないはずです。どんな作業でも最初は難しくてできなくても何度もやっている内にできてくるのが人間のはずです。そして小手先の技術は正直3ヶ月もしたら慣れてきて1年もしたら普通にできてしまうものです。ですので何の為に3年間耐える必要があるのかという問題なのです。

そして上の例でいえば3つの職場で1年ずつの経験がバラバラの業界だとしたらどうなのかという話なのです。もし同業種に転職するのだとしたら確かに3年いた方が良いでしょうが、もしもうこの業界に見切りを付けたいと思っているのだとしたら特段3年にこだわる必要はそこまで高くないのです。確かに人事の人からしたら3年勤めていた人の方がすぐに辞めないと思うかもしれませんが、実際に未経験から別の仕事に応募するのだとしたら、3つの職場で1年ずつ経験していた人の方が色々な職場の経験上活かせる可能性が広がっていたりするものです。だからといってすぐに転職を繰り返してしまうという事が絶対的に正しいという事ではありませんが、3年勤めたからといって必ずしも報われるとは限らないのです。結局の所転職とは自分を売り込む事で扉を開くしかありませんので、その売り込むだけの実力と材料さえあればそこまで勤続年数を拘る必要は無いのです。
 

転職してさらに充実した人生を過ごしていくために


最近、若い人でも企業をする人が増えてきています。また、自治体や民間サービス会社などでも、起業をサポートする仕組みが多くみられるようになりました。
サラリーマンが会社を辞めて、起業するということはかなりの一大決心です。転職の中でもかなり大きな転換点とも言えるでしょう。今まで会社に勤めていたことで、見えなかった経営の部分が、起業することによって自分で全て行うようになり、見えてくることも多くあります。最初はわからないことも多いかもしれません。そのような時は起業のサポートサービスを利用して、さまざまな疑問点や問題点を解決していくようにしましょう。起業しても軌道に乗るには数年かかってしまうこともあります。また、1年以内に起業に失敗してしまう場合も多いようです。

転職先はサラリーマンでも起業家でも、どの道に進んでも大変かもしれません。しかし、自分の意思を信じて、進むべき道に行くことで、必ず道は開けて行くと思います。転職をする時は慎重に行い、しっかり次の準備をしていくことが大切です。また、転職先で失敗することも考慮に入れておく必要があります。
自分で限度を決めて、可能な範囲内で新たな挑戦に挑むようにしましょう。気持ちだけが先行し過ぎても、仕事は上手くいかないものです。特に仕事は周りの人の協力があってこそ、やり続けることができます。周りの人に感謝する気持ちを忘れずに、自分が今できる社会貢献を仕事という形で表現していきたいものです。